おひなさま

生前、何度行っても見飽きない。。。是非行ってごらん。。。
と、母が言っていた名古屋の徳川美術館の花嫁道具と雛飾りの特別展。
やっと行ってきました。
もう笑っちゃうくらいすごくって。
半分見たらもう疲れちゃって。。。こりゃ何度も来なきゃ見きれない。。。
是非是非機会があったらご覧ください。

で、母が逝ってから仕舞いっぱなしになっていた私のおひな様を飾りました。
一年に一度出してあげないと、おひぃなさんが泣くから。。。
って母が毎年飾ってくれていたものを昨年夏にもらって来てたのです。

おひなさま2017.2.22

本来はガラスカースに段飾りになってたのですが、
ケースもひな壇も破棄。
お人形自体も古くて傷みもあるのですが、それでも出してあげないと泣くからね。。。。
棚に並べたら案外のボリュームで順不同。。。って感じ。。。
来年は赤い毛氈とかフェルトで作ってあげれたらいいな***(い)
スポンサーサイト

タグ無しちゃん。

叔母が指編みで編んだマフラーの元。
フライングシープのタグ無しちゃんの写真を送ってもらいました。

タグ無し1−2017.2.15
タグ無し2−2017.2.15

名前がなくてタグ無し、って呼ばれちゃってるかわいそうな子。。。
耳のタグがとれて無いからだね。。。

イギリスなどの珍しい原毛もそそられるけど、
こうしてこの子の毛で編みました。。。
って言えるのは愛着湧いて嬉しいことです**

地元にこうして羊を飼っていてくれる場所があって何よりだと思います。
2月の出産シーズンで子羊も生まれているそう。
また赤ちゃん見に行くのが楽しみです。

とりあえずタグ無しちゃんの写真をプリントアウトして叔母にみせよう**(い)

キウイクラフト

90歳の叔母がいます。
いたって元気なのですが緑内障のため目がよく見えません。
私が子供の頃はよくフランス刺しゅうをしていました。
大きくなってからは編み物をしてることが多かった記憶があります。
でも目を煩ってから手仕事が出来ずにさびしがっていました。

そこでキウイクラフトならできるのでは?と思い、バッツを持って訪問。
バッツを細く裂くことはよく見えない、と言って出来ませんでしたが、
裂いた原毛をももの上でころころ擦って無撚糸を作ります。

キウイ-1-2017.2.8

初めて原毛を見て驚いた様子*
まだふわふわの所と擦った後の差を手で確かめながら両手を使ったり片手でやったり。。。
どうすればうまくできるのかなぁ。。。と言いながらの作業でした。

後日行ってみるとちゃんと糸が出来ていました。

キウイ−2−2017.2.8

使った原毛は昨年カードをかけたフライングシープのタグ無しちゃん。

今度はこれを指編みします。

キウイ−3−2017.2.8

誰がこんなこと考えたんだろう。。。えらいねぇ。。。。
と、何度もいいながらもすんなり理解して
この緩ませ具合を同じにしないと目がそろわないんだね。とか
端をきちんとそろわせるにはどうすればいいんだろう。。。とか
さすがに手仕事大好き人間です***

途中一休みをいれて編み続け
なんと半日でマフラーが完成しました。

完成2017.2.8

出来た出来たと大喜びしてくれました。

この指編み、指を一本づつ曲げたり伸ばしたり。
とってもいい運動と刺激になるようです。

今度はもっと明るく元気な色のバッツを作って持って行こう!!(い)

サンカ手袋編み上がり。

年を越してサンカ風手袋が編み上がりました。

サンカ手袋2017.2.2

サンカ風手袋のサンプルにしようと編んだのになんだか不細工な手袋になっちゃった。。。。
でもレシピの見直しも含めてとりあえず人心地つきました。(い)

アマリリス

暮れに頂いたアマリリスの球根が見事な花をつけました**

アマリリス2017.1.30

時々チロっとお水をあげるだけですごい**

お花の複雑な色模様に自然の強さと素晴らしさを感じる。。。(い)